債務整理の種類によって費用が異なる

債務整理の相場ってどのくらい

債務整理の相場ってどのくらい

◆ 一番気になるのは費用

トップイメージ 毎月の借金の返済に悩んでいる人が多い中、実は債務整理の手続きを行う事によって苦しかった借金問題から解放される事があるんですよ。
ですが、債務整理の手続きで一番気になるのが「費用」ですよね。既に借金返済で手元にお金がないのに、でも債務整理がしたい、でも一体幾らかかるのか気になるところでしょう。

そこで、今回は専門家に債務整理の手続きを依頼した場合の債務整理の相場は幾らくらいなのか、債務整理の種類別でご紹介したいと思います。是非、借金問題で悩んでいる人は参考にして 下さいね。

債務整理の種類によって異なる

◆ 費用は着手金と成功報酬

債務整理には、4つの種類があります。「任意再生、個人再生、過払い金、自己破産」です。そして、それぞれ債務整理の手続きを行う際にかかるのが「着手金」と「成功報酬」です。では、それぞれの種類毎に相場をご紹介していきますね。

任意整理ですが、この債務整理は利息の支払いをカットする手続きになります。その為、借金本来の元金には手をつけないのが特徴ですが、この場合の費用は、着手金は、1社につき大体3万円前後になり、成功報酬は10万円前後と言われています。

次に個人再生ですが、この債務整理は借金の元本を減らす債務整理です。元本を減らすのでかなりの借金の減額が期待出来る債務整理ですが、費用の相場は、着手金は40万円前後、そして成功報酬は、減額された金額の10%から20%前後と言われています。借金の元本を減らす債務整理なので着手金もそれだけ費用がかさむのが特徴です。

そして、過払い金ですが、この債務整理は毎月借金の返済をしていく中で、中には高い金利を設定している貸金業があります。その払いすぎた利息を返却する事が出来る債務整理です。中には戻ってきたお金で借金がゼロになるケースもあります。そして気になる相場ですが、着手金は20万円前後、そして成功報酬の相場が40万円前後です。

最後に自己破産ですが、この債務整理は「借金をゼロ」にする債務整理です。支払いもなくなり精神的にも解放される債務整理ですが、借金がゼロになる代わりに住宅を持っていた場合は手放さなければいけません。また、財産の一部も手放す場合もありますが、借金からの苦痛はなくなりますよね。そして、気になる相場が着手金が40万円から60万円前後と言われています。そして成功報酬はゼロです。また、自己破産の場合は裁判費用が数万円程度かかりますが、裁判所によってかかる費用も異なります。

このように、債務整理の種類によってもかかる費用が異なるという事です。