債務整理の費用

債務整理の流れについて

債務整理の費用相場

◆ 弁護士か司法書士かで費用は違う!

債務整理を専門家の弁護士や司法書士に依頼したら幾らかかると思いますか?

実は債務整理の種類によってもかかる費用も異なります。
(種類とは、任意整理、特定調停、民事再生、自己破産などです)

たとえば任意整理の手続きを行った場合いくら費用が必要かというと以下のようになります。

・司法書士の場合、貸金業者1社あたり2万円~4万円。
・弁護士の場合、貸金業者1社あたり4万円~6万円。


相場としてはこれぐらいになります。

この費用を聞いてどう思いましたか?
高すぎると思いましたか?

そうですよね。こんなに高いのなら債務整理は無理だ、と思う人もおられるかもしれません。

しかし、大丈夫です。

なぜでしょうか。それは、債務整理することで借金がゼロになったり、返済額が何万円も下がるようになるからです。また、費用は分割払いや後払いができる事務所もあります。そのため債務整理をすることで金銭的に楽になるのです。

以下では、債務整理の中でも特に「任意整理」の流れについてご紹介したいと思います。

これから債務整理の手続きを行おうと思っている人は、おおまかな債務整理の流れを知っておく事は手続きを進める上でとても重要です。

早期解決は弁護士の腕しだい!

◆ 任意整理は数日から3ヶ月程度かかる

最初に行うのが、弁護士や司法書士に連絡をする事です。

ここで重要なのが「無料相談」を行っている法律事務所を選ぶ事。

無料で相談を行っている法律事務所であれば気軽に出向く事ができますよね。

また、最近では、直接事務所に行かなくても電話やメールでも相談にのってくれる法律事務所もあります。

無料相談後、今度は弁護士又は司法書士から連絡がきます。

この時に嘘をつくのではなく、正直に自分が置かれている状況や借金の状況を話しましょう。

また、この際、ちょっとでも「合わない」と感じた弁護士や司法書士であれば違う弁護士や司法書士を探しましょうね。実は、自分と弁護士や司法書士の相性はとても重要になります。

無理に合わない弁護士や司法書士に債務整理を頼んでいても全く前向きに話しを進める事は出来ませんので、遠慮せずに変えましょうね。

そして、この弁護士や司法書士に債務整理を頼んでも良いと思ったら契約をします。実は契約した段階で弁護士から金融業者に「借金の取り立てをやめるように」と連絡を入れてくれる場合もあります。

契約終了後、弁護士から「受人通知」が金融業者に渡ります。この受人通知がある事によって、今まで激しかった「催促」が正式に停止します。この催促が停止する事によって精神的にも比較的楽になりますよね。

そして、借金の総額が確定しますが、ここで果たして任意整理の債務整理なのか、それとも自己破産の手続きにした方が良いのかなど債務整理の方向性を決めます。もし、利息を多く支払っていた場合などは過払い金の請求を行います。

そして、弁護士は相手側との交渉にはいります。この交渉こそが弁護士の腕の見せ所になります。その為、債務整理に強い弁護士を選ぶのが良いでしょう。交渉がうまくいけば和解、そして手続きが完了になります。任意整理の場合は3ヶ月程度で債務整理が終わります。また、中には数日で終わるケースもありますが、中には交渉に応じてくれない金融業者もあります。

債務整理の流れは、最終的には弁護士の腕によって、早く解決するかしないかになります。是非、信頼出来る弁護士を選んで下さいね。